​リッチクリーム
使用方法
​特徴と成分
使用方法

朝晩、エッセンス、ローション等でお肌を整えた後にご使用ください。
適量を手のひらにとり、顔全体になじませます。優しくすりこんでください。
※朝はリッチクリームの後にUVカット等が入ったファンデーション等をお使いください。

【フラーレンに期待できる効果】
フラーレンにはビタミンCの120〜200倍ともいわれる「抗酸化力」があると言われます。
フラーレンの抗酸化作用によって活性酸素を除去し、メラニンの働きを抑えます。肌は紫外線を浴びたりすると活性酸素を発生させます。活性酸素は肌を支えているコラーゲンの分解を促進し、皮膚のたるみやシワを生じさせます。フラーレンは活性酸素の発生を抑えます。
肌の保湿力を高めるフラーレンには肌の保湿力を高める効果があります。そのほかに角層を整えて肌バリア機能を修復させる効果があり、肌がもともと持っている水分保持能力を促進させます。
 
【EGFに期待できる効果】
EGFは皮膚や粘膜の上皮に働きかけ、新しい細胞の生成やダメージを受けた部位の修復を促進します。こうした作用は肌や粘膜の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促します。その結果、古い角質が肌に長期間留まることを防ぎ、肌のごわつきや吹き出物などの肌トラブルの改善が期待できます。EGFが化粧品に含まれる際の名前は、「ヒトオリゴペプチド-1」です。
全成分

水・BG・グリセリン・ホホバ種子油・イソステアリン酸オクチルドデシル・テトラへキシルデカン酸アスコルビル・ジメチコン・ペンチレングリコール・ステアリン酸グリセリル(SE)・ベヘニルアルコール・ヒアルロン酸Na・プラセンタエキス・ヒトオリゴペプチドー1・ブッソウゲ葉エキス・αーアルブチン・リゾレシチン・ノバラ油・ステアリン酸・PEG-60水添ヒマシ油・ステアリン酸グリセリル・グリチルリチン酸2K・キサンタンガム・PEG-20ソルビタンココエート・ポリソルベート80・フラーレン・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・アセチルヘキサペプチドー8・(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K・セラミド1・セラミド3・セラミド6Ⅱ・フィトスフィンゴシン・コレステロール・カルボマー・PVP・マンニトール・1,2ーヘキサンジオール・カプリリルグリコール・ラウロイル乳酸Na
 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now